コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

理論哲学 リロンテツガク

3件 の用語解説(理論哲学の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りろん‐てつがく【理論哲学】

正しい思考の形式や法則を研究する論理学や、知識の起源・構造・妥当性などを問う認識論など、理論的諸問題を対象とする哲学の一部門。→実践哲学

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

りろんてつがく【理論哲学】

論理学・認識論など、理論的諸問題を扱う哲学の部門。 ↔ 実践哲学

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

理論哲学
りろんてつがく
theoretical philosophy英語
theoretische Philosophieドイツ語
philosopie thoriqueフランス語

実践に指針を与える実践哲学と対照される哲学の分野をいう。アリストテレスは観想を実践から分かち、また、学を理論的、実践的、制作的の3種に区分した。その場合、理論哲学はかならずしも超越的存在でなく自然も含む万象にかかわる理論的探究を意味したが、哲学の中心的、究極的観想は個々の存在でなく、存在一般を対象とする第一哲学または形而上(けいじじょう)学に求められ、しかも、彼は直観的理性による神の認識を最高の理想と考えた。中世キリスト教神学もその性格、目的から前述のアリストテレスの傾向を継ぐ。
 だが、近世で認識論が盛んになると、形而上学よりも、科学や形而上学自体の主張の権利・根拠を問う認識論、科学方法論、論理学などが、むしろ理論哲学の中心と考えられるに至る。ただし、実践的言動それ自体も理論的考察の対象となり、逆に、純理論的探究や態度も一種の実践的行為と考えられるから、理論・実践の截然(せつぜん)とした二元論には批判的な傾向も現代では有力である。[杖下隆英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

理論哲学の関連キーワード虚偽形式論理学論理学数理論理学思考の原理二値論理学弁証法的論理学論理同一原理矛盾原理

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone