コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

判断力批判 はんだんりょくひはんKritik der Urteilskraft

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

判断力批判
はんだんりょくひはん
Kritik der Urteilskraft

ドイツの哲学者イマヌエル・カントの著書。 1790年刊。三批判書の一つで,第三批判ともいわれる。『純粋理性批判』では悟性の,『実践理性批判』では理性の先天的原理が考察され,それぞれ自然概念,自由概念が基礎づけられたが,本書では悟性と理性の両認識能力の中間にある判断力の先天的原理が究明され,カントはこの仕事をもって批判の仕事がすべて完了すると考えた。本書の前半では美的判断趣味判断として論じ,後半では崇高合目的性を論じている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

判断力批判
はんだんりょくひはん
Kritik der Urteilskraft

ドイツの哲学者カントの主著の一つ。『純粋理性批判』『実践理性批判』の後を受けて、カント批判哲学の体系を形成するいわゆる「三批判書」の最後の位置を占め、体系を締めくくる役割を果たす書である。1790年刊。カントは、この書で、第一の批判書で考察された理論理性と、第二の批判書の主題となった実践理性との間を橋渡しすべきものとして、普遍と個を媒介するものとしての判断力に注目し、具体的には的判断力と目的論的判断力の批判という形で、その批判的基礎づけを成し遂げた。旧来の神的形而上(けいじじょう)学で重要な位置を占めた世界の秩序と調和の問題は、ここで、人間の地盤に移され、その有限性に見合った批判的解決と位置づけを与えられている。本書は一時期のゲーテに決定的影響を与えたほか、ドイツ観念論の代表的哲学者の1人であるシェリングの思索の出発点に霊感を与え、今日またガダマーによって解釈学の視点から再評価されるなど、影響はきわめて大きい。[坂部 恵]
『篠田英雄訳『判断力批判』二冊(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

判断力批判の関連キーワードド・デューブ(Thierry de Duve)カント(Immanuel Kant)カント哲学の基本概念センスス・コムニスカント(年譜)ブルデューパレルゴン大西 克礼政治教育美的経験大西克礼美的範疇無関心性美意識構想力原 佑笑い

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android