コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標識法 ひょうしきほうmarking method

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうしきほう【標識法 marking method】

生態や行動の研究のために動物個体目印をつけて識別する方法。動物の個体数や生態を調べるためには,一匹一匹の個体を識別することが不可欠である。ニホンザルのような大型の動物の場合には,その肉体的特徴によって個体識別することができるが,小さい昆虫や鳥や魚のように動きまわるものは,なんらかの目印をつけなければ識別が不可能である。昆虫などでは主として彩色によって,魚や哺乳類あるいは昆虫の中でも甲虫類などでは体の一部に傷をつけて標識する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

標識法の関連キーワード東シナ海ガス田開発問題鳥類観測ステーションパラアミノ安息香酸海上交通センター尖閣諸島問題標識放流航路標識交通警察渡り

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android