コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

権八 ゴンパチ

デジタル大辞泉の解説

ごんぱち【権八】

《歌舞伎「傾情吾妻鑑」の中で、白井権八が、幡随院(ばんずいいん)長兵衛の家で食客になっていたところから》いそうろう。食客(しょっかく)。
「とんと身を落とせば食客の―さんとなること」〈洒・辰巳婦言〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごんぱち【権八】

〔白井権八が、幡随院長兵衛の食客であったことから〕
食客しよつかく。居候。 「おぢの内へ居候の-といふ物なれば/洒落本・風俗通」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

権八の関連キーワード常磐津 文字太夫(7代目)杵屋 勝五郎(6代目)市村羽左衛門(15世)清元斎兵衛(1世)鈴ヶ森(歌舞伎)河竹新七(初代)紙子仕立両面鑑浮世柄比翼稲妻内山 安兵衛幡随院長兵衛南瓜与惣兵衛新島 八重子清元斎兵衛其小唄夢廓権八・小紫権八小紫物千葉卓三郎内山安兵衛人形・人像権八小紫

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

権八の関連情報