権道(読み)ケンドウ

デジタル大辞泉の解説

けん‐どう〔‐ダウ〕【権道】

手段・方法はに外れているが、結果からみて正道にかなっていること。また、目的を達成するためにとる便宜的な手段・方法。
「天下の人心を維持せんがためには、知て故さらに束縛するの―なかる可らず」〈福沢学問のすゝめ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんどう【権道】

正しいとはいえないが目的達成のために便宜的にとる手段。方便。 「民心を維持するには止むを得ざるの-にして/文明論之概略 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けん‐どう ‥ダウ【権道】

〘名〙 手段としては道に外れるが、結果からみて道に合っている行きかた。目的を達するためにとる、臨機応変の処置。方便
※太平記(14C後)三〇「(ケンだう)覇業両(ふたつ)ながら、欠(かけ)たる人とぞ見へたりける」
仮名草子・智恵鑑(1660)四「その心をよろこばしめ給ふ権道(ケンタウ)なり」 〔孟子疏‐離婁上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android