コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横隔膜けいれん おうかくまくけいれんspasm of the diaphragm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横隔膜けいれん
おうかくまくけいれん
spasm of the diaphragm

横隔膜が強直性または間代性のけいれんを起す状態。 (1) 強直性横隔膜けいれん きわめてまれであるが,破傷風の際にはしばしばみられる。横隔膜麻痺と同様に危険である。クロロホルム,モルヒネ注射を行う。 (2) 間代性横隔膜けいれん しゃっくり (吃逆) のこと。多くは無害だが,頑固なときには苦痛が大きい。中枢または末梢神経疾患,横隔膜の直接刺激,腹膜,消化器,肝臓・胆道,生殖器などの疾患で起るほか,ヒステリーの症状として現れることもある。原因疾患を治療し,重症の場合は鎮静剤麻酔薬を使用する。驚かす,息をこらえる,氷水を飲ませるなどの方法も,効果的なことがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

横隔膜けいれんの関連キーワード横隔膜けいれん(しゃっくり)

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android