コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘佐為 たちばなの さい

2件 の用語解説(橘佐為の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘佐為 たちばなの-さい

?-737 奈良時代の官吏。
三野(みのの)王の子。母は県犬養(あがたのいぬかいの)三千代。はじめ佐為王と称した。養老5年皇太子首(おびとの)皇子(聖武(しょうむ)天皇)の教育係となる。天平(てんぴょう)8年兄葛城王(かつらぎのおう)(橘諸兄(もろえ))とともに臣籍にくだって橘を名のった。天平9年8月1日天然痘のため死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たちばなのさい【橘佐為】

?‐737(天平9)
奈良前期の貴族。敏達天皇の孫または曾孫の栗隈王の孫,美努王の子。母は橘三千代。諸兄の弟。光明皇后と同母の兄弟。橘古那可智(こなかち)(聖武天皇夫人)の父。佐為王と称したが,736年(天平8)11月,臣籍に下って母の氏姓を称することを請い,許されて橘宿禰佐為と名のった。737年8月,おりからの天然痘の流行によって死亡した。時に中宮大夫兼右兵衛督正四位下であった。【栄原 永遠男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

橘佐為の関連キーワード藤原永手皇親政治伊福部男依紀女王光意志斐公麻呂長田王奉実品慧神王

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone