櫛占(読み)くしうら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

櫛占
くしうら

辻占の一つ。中世女児により行われた。ツゲの櫛を持った女3人が辻に出て,境界をつくり「あふことをとふや夕げのうらまさにつげの小櫛もしるし見せなむ」という古歌を3度唱え,米をまいて,櫛の歯を3度鳴らし,界内に最初に来た人の言葉から吉凶を判定する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くし‐うら【×占】

昔、婦人や子供が行った占いの一。黄楊(つげ)の櫛を持って辻に立ち、「あふことを問ふや夕げのうらまさにつげの小櫛もしるし見せなむ」という古歌を三度唱え、境をくぎって米をまき、櫛の歯を三度鳴らしたのち、その境の内へ来た通行人の言葉で吉凶を占ったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くしうら【櫛占】

昔、女や子供が行なった辻占つじうらの一。黄楊つげの櫛を持って十字路に出て「あふ事をとふや夕げのうらまさにつげの小櫛もしるし見せなん」という古歌を三度唱え、境を区切って米をまき、櫛の歯を三度鳴らしてから、その境の内にはいって来た人の言葉を聞いて吉凶を判断したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android