コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌意考 カイコウ

世界大百科事典 第2版の解説

かいこう【歌意考】

歌論書。賀茂真淵著。1764年(明和1)成立。1巻。晩年の真淵の歌についての考えが簡潔にのべられている。真淵は《万葉集》の歌に,純真な心の単純で素朴な表現を見いだして,それを心の最高のあり方と考えた。彼は,直き心をひたぶるにひとつ心にうたうことを,歌の理想の境地として求めた。そして,《万葉集》をよく読み,それを手本として歌をつくることによって,古代の精神へ復帰することを主張した。【平野 仁啓】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かいこう【歌意考】

歌論書。一巻。賀茂真淵著。1760年頃成立、1800年刊。歌は万葉集を中心とする上代の風体に倣ならうべきであると、復古を主張。五意考の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歌意考
かいこう

賀茂真淵(かもまぶち)の歌論書。1巻。「五意考(ごいこう)」の一つ。清書本は1764年(明和1)にできているが、草稿は60年(宝暦10)ごろまでに成る。真淵の没後98年(寛政10)刊。元来は『歌意(うたのこころ)』とよばれた。版本よりも内容の多い広本もあり、『にひまなび』と共通する部分があるが、広本の一部を抄出し、整理し直して『にひまなび』としたと考えられる。古道と結び付けて独特の歌論を展開し、「誠(まこと)」「調(しらべ)」を説き、万葉調の意義を強調している。『万葉集』の輪郭を述べ、和歌の本質や歴史に対する概観もみえる。[井上 豊]
『『賀茂真淵全集19』(1980・続群書類従完成会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

歌意考の関連キーワード賀茂真淵(かもまぶち)賀茂真淵・賀茂真渕国学(学問、学派)県居派国意考風体復古新学一巻上代古人

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android