コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武器の使用 ぶきのしよう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武器の使用
ぶきのしよう

警察官の武器の所持については、警察法第67条で、「警察官は、その職務の遂行のため小型武器を所持することができる」と定められている。また武器の使用については、警察官職務執行法第7条に規定されており、その内容は次のとおりである。警察官は、犯人の逮捕もしくは逃走の防止、自己もしくは他人に対する防護または公務執行に対する抵抗の抑止のため必要であると認める相当な理由のある場合においては、その事態に応じ合理的に必要と判断される限度において、武器を使用することができる。ただし、次の一つに該当する場合を除いては、人に危害を与えてはならない。(1)刑法第36条(正当防衛)または同法第37条(緊急避難)に該当する場合。(2)死刑または無期もしくは長期3年以上の懲役もしくは禁錮にあたる兇悪(きょうあく)な罪を現に犯し、もしくはすでに犯したと疑うに足りる十分な理由のある者がその者に対する警察官の職務の執行に対して抵抗し、もしくは逃亡しようとするとき、または第三者がその者を逃がそうとして警察官に抵抗するとき、これを防ぎ、または逮捕するために他に手段がないと警察官において信ずるに足りる相当な理由のある場合。(3)逮捕状により逮捕する際または勾引(こういん)状もしくは勾留状を執行する際その本人がその者に対する警察官の職務の執行に対して抵抗し、もしくは逃亡しようとするとき、または第三者がその者を逃がそうとして警察官に抵抗するとき、これを防ぎ、または逮捕するために他に手段がないと警察官において信ずるに足りる相当な理由のある場合。[三輪潤一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

武器の使用の関連キーワード外国軍用品等海上輸送規制法自衛隊のPKO参加5原則犯罪被害者補償制度陸自のイラク派遣日本のPKO参加米軍行動円滑化法PKO参加5原則PKO協力法海上保安庁法PKO五原則海上警備行動テロ特措法ヒッタイト領海警備即時強制PKF領空体術侵略

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

武器の使用の関連情報