勾引(読み)こういん

日本大百科全書(ニッポニカ)「勾引」の解説

勾引
こういん

裁判所が被告人一定の場所に引致する強制処分をいう。裁判所は、(1)被告人が定まった住居を有しないとき、(2)被告人が、正当な理由なく、召喚に応じないとき、または応じないおそれのあるとき(刑事訴訟法58条)、(3)裁判所が、必要があるとして、指定の場所に出頭または同行を命じたが、被告人が正当な理由なくこれに応じないときは、被告人をその場所に引することができる(同法68条)。また、被告人を勾引した場合において必要があるときは、被告人を事施設に留置することができる(同法75条)。

 勾引した被告人は、裁判所に引致したときから24時間以内にこれを釈放しなければならない。ただしその時間内に勾留が発せられたときは、この限りでない(同法59条、なお68条参照)。被告人の勾引は、勾引状を発してこれをしなければならない(同法62条、なお64条、66条、67条、69条~76条参照)。勾引された被告人は、公訴事実の要旨および弁護人選任権の告知を受け、貧困その他の事由により自ら弁護人を選することができないときは弁護人の選任を請求することができる旨を告げられなければならない(同法76条1項)。その際、弁護士、弁護士法人または弁護士会を指定して弁護人の選任を申し出ることができる旨、およびその申出先が教示されなければならないこととなったが(同法76条2項)、これは2016年(平成28)刑事訴訟法改正により被告人の弁護権を充実させるために導入された規定である。勾引された被告人は、弁護人等との接見交通権を有する(同法39条、80条)。証人が、(1)正当な理由なく、召喚に応じないとき、または応じないおそれがあるときも、その証人を勾引することができる(同法152条、なお153条参照)。証人の勾引については、いったん召喚した後でなければ勾引できなかった制度が、2016年の刑事訴訟法改正により、充実した公判審理を実現するために、召喚に応じないおそれがあるときにも勾引できることとされ、召喚前の勾引も可能とされた。また、証人が、(2)正当な理由がなく同行に応じないときも、これを勾引することができる(同法162条)。

[内田一郎・田口守一 2018年4月18日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「勾引」の解説

勾引
こういん
Vorführung

被告人,証人,身体検査を受けるべきを裁判所その他一定の指定された場所に強制的に引致する裁判およびその執行をいう。被告人に対しては,24時間の留置の効力をもつ。勾引は強制処分であるから,令状主義要請に従い裁判官の発する勾引状に基づいて執行される (刑事訴訟法 62,64以下) 。その指揮は,原則として検察官がこれを行い,検察事務官または警察官がその実施にあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「勾引」の解説

勾引【こういん】

被告人・容疑者や証人を一定の場所に引致する裁判およびその執行。勾引状により行う。被告人については,住居不定,または正当な理由がなく召喚に応じない場合になされ,勾留状(勾留)が発せられない限り,引致した時から24時間以内に釈放しなければならない(刑事訴訟法58,59条)。
→関連項目強制処分収監逃走罪令状

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「勾引」の解説

かどわかし【勾引】

こういん〉とも読む。人を不法に自己または第三者のもとにおくこと。人勾引(ひとかどい)ともいう。律令制では人という。養老律は,唐制と同様に,略のほかに略売,和誘,和同相売を区別し,人を略する罪と奴婢を略する罪の2条をたてている。良民を略したり略売して奴婢とすれば遠流,家人(けにん)とすれば徒3年,妻妾子孫とすれば徒2年半,和誘すなわち被略者との間に合意があるときは略人の罪より一等をずる,というように,さまざまな態様に応じて刑を定めた。

こういん【勾引】

特定の者を裁判所など一定の場所に引致する裁判およびその執行をいう。被告人,証人,身体検査を受ける者などに認められる。被告人の勾引は,(1)住所不定のとき,(2)正当な理由なく召喚に応じないか応じないおそれのあるとき,または(3)裁判所の出頭命令,同行命令に正当な理由なく応じないときに,裁判所が勾引状を発して行うことができる(刑事訴訟法58,68条)。勾引状を発するのは憲法上の要請である(憲法33条)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「勾引」の解説

【勾引】こういん

結託する。〔魏書〕(元)法、任に在りて貪殘、に反し、衍のを勾引して晉壽を圍す。之れを憂ふ。引き寄せる。唐・杜甫〔風雨に舟前の落花を看、戯れに新句を為(つく)る〕 碧水ひて、潛(ひそ)かに勾引せらる 風妬(ねた)みて、紅却つて倒(さかさま)に吹く

通「勾」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android