コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武富時敏 たけとみときとし

2件 の用語解説(武富時敏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武富時敏
たけとみときとし

[生]安政2(1856).12.9. 佐賀
[没]1938.12.22. 東京
政治家。佐賀の乱に加わり,1882年九州改進党の結成に参加。 83年佐賀県会議員となり,同副議長,同議長に進み,90年第1回総選挙に立候補,当選。その後,農商務省商工局長,同商務局長,大蔵参事官内閣書記官長などを経て,第2次大隈内閣の逓信相,蔵相に就任した。この間,衆議院議員選挙に当選 13回。進歩党,憲政党,立憲同志会などに所属し,党務においても活躍した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武富時敏 たけとみ-ときとし

1856*-1938 明治-昭和時代前期の政治家。
安政2年12月9日生まれ。佐賀の乱にくわわる。九州改進党の結成に参加,佐賀県会議員をへて明治23年衆議院議員(当選13回,憲政会)。第1次大隈(おおくま)内閣書記官長,第2次大隈内閣の逓信相,蔵相を歴任。昭和13年12月22日死去。84歳。肥前佐賀出身。幼名は元吉郎。字(あざな)は孟修。号は唇堂。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

武富時敏の関連キーワード結城寅寿ミシンネアンデルタール人原子元素バーバリー佐藤昌介広瀬淡窓と咸宜園ノーフォーク島の歴史浅井忠

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone