コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武石[村] たけし

1件 の用語解説(武石[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たけし【武石[村]】

長野県中部,小県(ちいさがた)郡の村。人口4234(1995)。村域の大部分が筑摩山地に属し,西部に美ヶ原が広がる。主産業は農業で,昭和30年代までは養蚕が中心であったが,現在は養鶏,養豚を中心とする畜産,トマトキュウリなどの野菜栽培,稲作が盛んになっている。人口の流出が激しく,過疎対策として電機,農業機械,食料品などの工場が誘致されている。近年人口は横ばい状態にある。ビーナスラインの完成(1981)により美ヶ原の観光地化が進み,観光客も年々増えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone