コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武藤信義 むとう のぶよし

2件 の用語解説(武藤信義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武藤信義 むとう-のぶよし

1868-1933 明治-昭和時代前期の軍人。
慶応4年7月15日生まれ。大正11年参謀次長,15年関東軍司令官,昭和2年教育総監。7年満州国の建国に際し,ふたたび関東軍司令官として赴任,全権大使,関東長官を兼任した。陸軍大将,元帥。昭和8年7月28日死去。66歳。肥前杵島郡(佐賀県)出身。陸軍大学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武藤信義
むとうのぶよし
(1868―1933)

陸軍軍人。慶応(けいおう)4年5月26日佐賀藩に生まれる。1892年(明治25)陸軍士官学校卒業。日清(にっしん)戦争に従軍後、1899年陸軍大学校卒業。ロシア派遣、日露戦争従軍、ロシア公使館付武官などを経て、シベリア出兵の際は各地の特務機関長。1926年(大正15)大将に進み関東軍司令官、1927年(昭和2)から1932年まで教育総監。1932年8月関東軍司令官に再任され、特命全権大使を兼ねて「満州国」承認にあたった。翌1933年元帥に進んだが、在任中の同年(昭和8)7月28日病死した。陸軍の佐賀閥の中心であった。[藤原 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

武藤信義の関連キーワード岩尾伏次郎奥村久郎織田東禹小山善佐久間文吾四方竜文(7代)竹腰正己能村磐夫依田豊渡辺七郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone