コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

母子保健法 ぼしほけんほう

4件 の用語解説(母子保健法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

母子保健法
ぼしほけんほう

昭和 40年法律 141号。乳幼児と母の健康保持をはかるために制定された法律。同法は都道府県知事母子保健のために実施すべき措置として母子健康手帳の交付 (16条) ,妊産婦および乳幼児の訪問指導 (11,17条) ,3歳児検診 (12条) ,養育医療の給付 (20条) などを規定する。なおフェニルケトン尿症ウィルソン病など先天性代謝異常児の医療給付については養育医療に準じた取扱いがなされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼし‐ほけんほう〔‐ホケンハフ〕【母子保健法】

母性および乳幼児の健康の保持・増進のため、保健指導健康診査・医療その他の措置について定めている法律。昭和41年(1966)施行。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

母子保健法【ぼしほけんほう】

母性および乳幼児の健康の保持と増進を図ることを目的とする法律(1965年公布,1966年施行)。妊娠・出産・育児等の知識普及,母子健康手帳の交付,妊産婦や乳幼児に対する保健指導,母子健康センター設置などを定めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ぼしほけんほう【母子保健法】

母性ならびに乳幼児の健康の保持・増進を図り、保健指導・健康診査・医療などの措置について定めた法律。1965年(昭和40)制定。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の母子保健法の言及

【児童福祉】より

… 母子家庭にある児童を家族単位で援助するための法律として母子福祉法(1964公布,1981年母子及び寡婦福祉法に改正)がある。母と子の健康の保持・増進を図るための保健指導,健康診査,医療その他の措置を取り決めたものに母子保健法(1965公布)がある。
[児童福祉の実施機関]
 厚生大臣,都道府県知事,市町村長の諮問に答え,関係行政機関に意見具申をする機関として,それぞれ,中央児童福祉審議会と,都道府県児童福祉審議会,市町村児童福祉審議会の児童福祉審議会がある。…

※「母子保健法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

母子保健法の関連キーワード岩手県の要覧景帝小海(町)小諸(市)佐久穂(町)投票環境の向上社会保障の給付と負担の見通しアースデイVAIO Phoneホームレスと自立

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

母子保健法の関連情報