コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比丘貞(読み)ビクサダ

デジタル大辞泉の解説

びくさだ【比丘貞】

狂言。一人息子元服親になってほしいと頼まれた老尼は、自分の通称の「庵」をとって庵太郎(あんだろう)とつけ、名のりも自分の比丘と相手の家の通り字の「貞」を合わせて比丘貞とつける。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びくさだ【比丘貞】

狂言の一。老尼が近在の者から一人息子の元服親になってくれと頼まれ、名は「安(庵)太郎あんだろう」、名のりは「比丘貞」ときめ、祝言の舞を舞う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

比丘貞
びくさだ

狂言の曲名。女狂言。このあたりの者が、ひとり息子が成人したので名をつけてもおうと、富貴な老尼(シテ)を訪ねる。尼は、代々太郎を添えると聞き、自分の住居を人々がお庵(あん)とよぶのにちなんで「庵太郎(あんだろう)」とつけ、また名乗(なのり)も望まれると、これには貞とつけるというので、自分の通称の比丘尼から「比丘貞」と決めて、祝儀として米や金子(きんす)を贈る。さて酒宴になり、庵太郎が舞ったあと、尼も親子にぜひにと所望され、「鎌倉の女郎(じょうろう)」を舞い、人にいうなと恥ずかしがるが、望まれるままにさらに祝言の舞を舞い納めて終わる。老尼の舞が見どころで、高い品格を保ちながら洒脱(しゃだつ)さと老女の色気とを表現するのが至難で、若年では演じられない秘曲とされる。[小林 責]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例