コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比丘貞 ビクサダ

デジタル大辞泉の解説

びくさだ【比丘貞】

狂言。一人息子元服親になってほしいと頼まれた老尼は、自分の通称の「庵」をとって庵太郎(あんだろう)とつけ、名のりも自分の比丘と相手の家の通り字の「貞」を合わせて比丘貞とつける。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びくさだ【比丘貞】

狂言の一。老尼が近在の者から一人息子の元服親になってくれと頼まれ、名は「安(庵)太郎あんだろう」、名のりは「比丘貞」ときめ、祝言の舞を舞う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

比丘貞
びくさだ

狂言の曲名。女狂言。このあたりの者が、ひとり息子が成人したので名をつけてもおうと、富貴な老尼(シテ)を訪ねる。尼は、代々太郎を添えると聞き、自分の住居を人々がお庵(あん)とよぶのにちなんで「庵太郎(あんだろう)」とつけ、また名乗(なのり)も望まれると、これには貞とつけるというので、自分の通称の比丘尼から「比丘貞」と決めて、祝儀として米や金子(きんす)を贈る。さて酒宴になり、庵太郎が舞ったあと、尼も親子にぜひにと所望され、「鎌倉の女郎(じょうろう)」を舞い、人にいうなと恥ずかしがるが、望まれるままにさらに祝言の舞を舞い納めて終わる。老尼の舞が見どころで、高い品格を保ちながら洒脱(しゃだつ)さと老女の色気とを表現するのが至難で、若年では演じられない秘曲とされる。[小林 責]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

比丘貞の関連キーワード三宅 藤九郎(9代目)阿漕(三重県)狂言現行曲一覧立ち姿・立姿外様がましいやらやら参する女物前方御寮美し御庵狂言近在祝言小林立姿殿達

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android