コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比較静学 ひかくせいがく comparative statics

2件 の用語解説(比較静学の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひかくせいがく【比較静学 comparative statics】

消費者の嗜好や資産の量,生産技術等を一定とするとき,個人の合理的な最大化行動から各財に対する需要関数(曲線)と供給関数(曲線)が導かれる。そして市場における需要関数と供給関数の値が一致するように価格と取引量(生産量=消費量)が定まり,その状態は一定とされた外的条件(与件)に変化がないかぎり維持されるというのが均衡理論の基礎となる考えである。 しかし与件の変化は一般に均衡値(生産量,消費量,価格)に影響を及ぼす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

比較静学
ひかくせいがく

経済静学・経済動学」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

比較静学の関連キーワード協調フィルタリングプロシューマー限界代替率消費者市場均衡消費者の日嗜好尺度消費者包装消費者信頼感指数日本消費者協会

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone