コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比較静学 ひかくせいがくcomparative statics

世界大百科事典 第2版の解説

ひかくせいがく【比較静学 comparative statics】

消費者の嗜好や資産の量,生産技術等を一定とするとき,個人の合理的な最大化行動から各財に対する需要関数(曲線)と供給関数(曲線)が導かれる。そして市場における需要関数と供給関数の値が一致するように価格と取引量(生産量=消費量)が定まり,その状態は一定とされた外的条件(与件)に変化がないかぎり維持されるというのが均衡理論の基礎となる考えである。 しかし与件の変化は一般に均衡値(生産量,消費量,価格)に影響を及ぼす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

比較静学
ひかくせいがく

経済静学・経済動学」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

比較静学の関連キーワードクラーク(John Bates Clark)比較静学・比較動学経済分析の基礎ヒックス比較動学

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android