コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気比の松原 けひのまつばら

4件 の用語解説(気比の松原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気比の松原
けひのまつばら

福井県中央部,敦賀湾奥にある砂丘上のマツ林。敦賀市に属する。敦賀港の西方に東西 1.2km,面積 0.4km2にわたってアカマツクロマツ 1100本が密生する景勝地で名勝,若狭湾国定公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

けひのまつばら【気比の松原】

福井県敦賀市、敦賀湾に臨む東西約1.2キロメートルにわたる松原。白砂青松の景勝地。ハギの名所。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕気比の松原(けひのまつばら)


福井県敦賀(つるが)市、敦賀湾南岸の松原。東西約1.5km、面積約40haにわたり砂丘地帯にアカマツ・クロマツの老木が茂る。国指定名勝。松原公園となり、夏は海水浴などの行楽客でにぎわう。8月に灯籠(とうろう)流しが行われる

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の気比の松原の言及

【敦賀[市]】より

…水産物集散地で,コンブ製品とかまぼこが特産物である。越前国一宮気比(けひ)神宮のほか,市街の西に気比の松原(名),柴田氏庭園,北に金崎(かねがさき)城跡(史)などがある。また,1969年市域北西部の敦賀半島先端に近い浦底に日本原子力発電株式会社の敦賀発電所が建設された。…

※「気比の松原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

気比の松原の関連情報