コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灯籠流し とうろうながし

百科事典マイペディアの解説

灯籠流し【とうろうながし】

行事の一つ。盆の終りに仏を送る精霊(しょうりょう)流し送り火の変化したもので,たくさんの小さな灯籠に火をともし,盆の供物などとともに川や海に流す。今日では納涼的な観光行事となっているものも少なくない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうろうながし【灯籠流し】

精霊(しようりよう)送りの一種。盆の15日か16日に,小さな灯籠に火を点じて河川や海に流す習俗。精霊が灯籠にのって川を下り,海のかなたあの世へかえっていくという信仰に基づいている。河川とくに河口や,湖,海に臨んだ地方に多くみられる。盆の供えものを精霊舟にのせ,灯火をつけて川や海に流し,精霊を送る精霊流しの変化したものともみられるが,灯籠流しはとくに川施餓鬼(かわせがき)と関係があり,もともと水難など横死者の霊に対して,大寺院の主催で行われる例が多かった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

灯籠流し
とうろうながし

盆に家々に迎えた先祖を送り帰す行事の一種。あるいは水死者や無縁仏(むえんぼとけ)に対する供養行事。盆の終わりに、麦藁(むぎわら)や板で舟をつくり、供え物などをいっぱい乗せて川や海に流す地方が多い。その精霊船に線香を立てたり、佐渡(さど)市などでは大きな麦藁舟に付き添って若者たちが沖へ出、点火して燃え盛るのを見て泳ぎ帰る例などがある。初盆の家では飾りたてた精霊船を流し、初盆以外の家では桟俵(さんだわら)にろうそくを立てたのを流したりした。一方、水死者や無縁仏の供養は盆に限ったものではなかったが、互いに影響しあうようになった。菅江真澄(すがえますみ)の『来目路(くめじ)の橋』によると、近世末にいまの長野県大町市では、水死者の亡魂を祭るために盆の16日に藁束に火をつけて川に流す行事があった。夏の水辺行事ということから納涼・観光行事になったものも多く、また第二次世界大戦の終戦記念日(8月15日)との関係から戦没者の慰霊のために行うものもある。[井之口章次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の灯籠流しの言及

【中元】より

…こうして六朝の終りには,中元はすでに道教・仏教共通の祭日となり,家々では墓参に出かけ,各寺院では,供養を受けに訪れる諸霊の乗る法船を作り,夜それを焼いた。南宋以降,放河灯(灯籠流し)も行われ,元・明以後,荷葉灯や蓮花灯が作られて,子どもたちは夜,それに火をともして町をねり歩いた。現在,灯籠流しだけは一種の観光行事として行われるときがある。…

※「灯籠流し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

灯籠流しの関連キーワード流灯会・流燈会青森のねぶたロイクラトン弘前のねぷた流灯・流燈水灯・水燈ねぶた境水道盆行事川開き中元

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

灯籠流しの関連情報