松原神社(読み)まつばらじんじゃ

デジタル大辞泉プラスの解説

松原神社

佐賀県佐賀市にある神社。1772年創祀。鍋島家の始祖鍋島直茂などを祀る(中殿)。1873年、北殿を建立、龍造寺隆信など龍造寺家を祀る。同年に建てられた南殿は1933年に創祀された佐嘉神社遷座旧称の「日峯(にっぽう)大明神」は直茂の法名に由来。現在も親しみをこめて「日峯さん」と呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の松原神社の言及

【佐賀[市]】より

佐賀の乱(1874)で佐賀城は焼失したが,城下町や長崎路のおもかげをよくとどめ,佐賀城の鯱(しやち)の門,続き櫓や,大隈重信旧宅(史)など,名所旧跡が多い。春秋の〈日峰(につぽう)さん〉の祭りで知られる松原神社は,佐賀藩祖鍋島直茂などをまつり,鍋島直正をまつる佐嘉(さが)神社と並んで市街中心部に鎮座する。九州横断長崎自動車道が通る脊振山地南麓には,西隈古墳(史),銚子塚古墳(史)などが分布する。…

※「松原神社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松原神社の関連情報