水嚢(読み)スイノウ

デジタル大辞泉の解説

すい‐のう〔‐ナウ〕【水×嚢】

食品をすくって水を切ったり、だしをこしたりするためのふるい。底を馬の尾の毛や針金、また竹や布で張ってある。みずぶるい。みずこし。
携帯用のズック製のバケツ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

食器・調理器具がわかる辞典の解説

すいのう【水嚢】

こし器の一種で、曲げ物の底部に馬の尾の毛や金属などの細かい網を張ったもの。裏ごしに似るが、すいのうは網の側を下にして、だしや煮汁、寒天液などをこしたりするのに用いる。ゆでた麺類をすくって湯切りするのに用いる、卵形の網に長い柄の付いたものをいうこともある。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android