コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水嚢 スイノウ

デジタル大辞泉の解説

すい‐のう〔‐ナウ〕【水×嚢】

食品をすくって水を切ったり、だしをこしたりするためのふるい。底を馬の尾の毛や針金、また竹や布で張ってある。みずぶるい。みずこし。
携帯用のズック製のバケツ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

食器・調理器具がわかる辞典の解説

すいのう【水嚢】

こし器の一種で、曲げ物の底部に馬の尾の毛や金属などの細かい網を張ったもの。裏ごしに似るが、すいのうは網の側を下にして、だしや煮汁、寒天液などをこしたりするのに用いる。ゆでた麺類をすくって湯切りするのに用いる、卵形の網に長い柄の付いたものをいうこともある。

出典|講談社食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

水嚢の関連キーワードきんとん林業機械ふるい十八物水漉し仏具経師水篩六物浮力

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android