コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水底トンネル すいていトンネルsubaqueous tunnel

世界大百科事典 第2版の解説

すいていトンネル【水底トンネル subaqueous tunnel】

河川,運河,港湾,海峡などの水底に作られるトンネル。とくに海底に作られる場合は海底トンネルと呼ばれる。いずれにしても上部には無限ともいえる水があるので,工事中に大湧水があると,トンネルが水没したり土砂崩壊を誘発したりして工事が難航するおそれがある。したがって,工事中の湧水を防ぐことがもっともたいせつで,地質が軟弱な場合にはとくに留意することが必要となる。水底トンネルは青函トンネルのような海底トンネルを除けば,大多数は河口近くの大都市に作られ,地質も軟弱な場所が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水底トンネル
すいていとんねる

運河、河川、港湾、海峡などを横断して水底につくられるトンネル。建設工法としては一般に沈埋(ちんまい)工法またはシールドshield工法が多く採用され、地質が良好な場合は注入工法を大幅に併用した山岳トンネル工法も採用される。河底を横断する地下鉄トンネルなどではニューマチックケーソンpneumatic caisson工法も利用されている。[河野 彰・清水 仁・鴫谷 孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

水底トンネルの関連キーワードセバーン・トンネルマージー・トンネルシールド工法関門トンネル沈埋トンネル沈埋工法リム湾

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android