コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水系感染 スイケイカンセン

デジタル大辞泉の解説

すいけい‐かんせん【水系感染】

飲料水などによって感染症が流行すること。水系伝染

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

水系感染

 水に病原体が混入し,それによって感染すること.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水系感染
すいけいかんせん

水(とくに飲料水)を介して伝染病が発生・流行することで、集団感染の形式をとる危険がある。上水道の水源または給水の途中で病原細菌が混入しておこる場合が多い。
 水系感染の特徴としては、次のようなものがあげられる。
(1)患者の発生数曲線が急激な山型を示す。
(2)給水範囲に一致して発生し、その境界線が明確である。
(3)患者に性、年齢、職業などの別がみられない。
(4)致命率が一般に低い。
(5)季節による影響が少ない。[柳下徳雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

水系感染の関連キーワードクリプトスポリジウム症伝染性下痢症公衆衛生経口感染

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android