コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水系感染 スイケイカンセン

3件 の用語解説(水系感染の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すいけい‐かんせん【水系感染】

飲料水などによって感染症が流行すること。水系伝染

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

水系感染

 水に病原体が混入し,それによって感染すること.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水系感染
すいけいかんせん

水(とくに飲料水)を介して伝染病が発生・流行することで、集団感染の形式をとる危険がある。上水道の水源または給水の途中で病原細菌が混入しておこる場合が多い。
 水系感染の特徴としては、次のようなものがあげられる。
(1)患者の発生数曲線が急激な山型を示す。
(2)給水範囲に一致して発生し、その境界線が明確である。
(3)患者に性、年齢、職業などの別がみられない。
(4)致命率が一般に低い。
(5)季節による影響が少ない。[柳下徳雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水系感染の関連キーワード性病接触感染腸チフス痘瘡ペスト西ナイル熱新興・再興感染症指定感染症学校感染症Q熱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水系感染の関連情報