水系感染(読み)スイケイカンセン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水系感染
すいけいかんせん

水(とくに飲料水)を介して伝染病が発生・流行することで、集団感染の形式をとる危険がある。上水道の水源または給水の途中で病原細菌が混入しておこる場合が多い。
 水系感染の特徴としては、次のようなものがあげられる。
(1)患者の発生数曲線が急激な山型を示す。
(2)給水範囲に一致して発生し、その境界線が明確である。
(3)患者に性、年齢、職業などの別がみられない。
(4)致命率が一般に低い。
(5)季節による影響が少ない。[柳下徳雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水系感染の関連情報