コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水素化ナトリウム すいそかナトリウム sodium hydride

1件 の用語解説(水素化ナトリウムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すいそかナトリウム【水素化ナトリウム sodium hydride】

化学式NaH。灰色の結晶性粉末。立方晶系岩塩型構造。典型的な食塩型水素化物で,NaとH(水素化物イオン)から成るイオン格子を形成している。比重0.93。屈折率1.470。生成熱12.8kcal/mol。高温でナトリウムと水素とに分解する。水素の解離圧は425℃で1気圧。乾燥空気中では安定。湿った空気によって分解し,水と激しく反応して水素を発生し,水酸化ナトリウムを生ずる。ベンゼン二硫化炭素四塩化炭素液体アンモニアに不溶。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

水素化ナトリウムの関連キーワードコカイン正方晶系炭酸カルシウム単軸結晶立方晶系弗化カルシウム硫化鉄硫化銅マーゾニンラヴェス相

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone