コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水素化ナトリウム すいそかナトリウムsodium hydride

1件 の用語解説(水素化ナトリウムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すいそかナトリウム【水素化ナトリウム sodium hydride】

化学式NaH。灰色の結晶性粉末。立方晶系岩塩型構造。典型的な食塩型水素化物で,NaとH(水素化物イオン)から成るイオン格子を形成している。比重0.93。屈折率1.470。生成熱12.8kcal/mol。高温でナトリウムと水素とに分解する。水素の解離圧は425℃で1気圧。乾燥空気中では安定。湿った空気によって分解し,水と激しく反応して水素を発生し,水酸化ナトリウムを生ずる。ベンゼン二硫化炭素四塩化炭素液体アンモニアに不溶。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

水素化ナトリウムの関連キーワードイーサメジナ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone