コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水野寅次郎 みずの とらじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水野寅次郎 みずの-とらじろう

1854-1909 明治時代の政治家。
嘉永(かえい)7年8月8日生まれ。土佐立志社を離脱し,政治結社共行社を主宰。明治15年福地桜痴(おうち),丸山作楽(さくら)と帝政党を結成,「東洋新報」を機関紙とした。政府を擁護し民権派に対抗したが,翌年解党。29年奈良県知事。明治42年6月死去。56歳。土佐(高知県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の水野寅次郎の言及

【帝政党】より

…立憲帝政党が正式名。1882年3月,政府当局の意をうけて《東京日日新聞》の福地桜痴(源一郎),《明治日報》の丸山作楽,《東洋新報》の水野寅次郎を中心に結成された。福地起草の綱領では,国体の保守,国権の拡張,漸進主義を唱え,国会開設の詔の遵守,欽定憲法主義,天皇主権説,二院制,制限選挙制,天皇の国会議決不認可権などを主張,反民権主義に立った。…

※「水野寅次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

水野寅次郎の関連キーワード福地 源一郎福地源一郎立憲帝政党岡本武雄

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android