コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立志社 りっししゃ

6件 の用語解説(立志社の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立志社
りっししゃ

土佐に設立された自由民権運動の中心的結社。民撰議院設立建白書を左院に提出後,地方政社育成のために帰郷した板垣退助を中心に,片岡健吉,林有造,谷重喜らが集り,1874年4月創立。当初は立志学舎,商局,法律研究所などを併設して社員の子弟教育,士族授産相互扶助などを重視していたが,75年2月自由民権結社の全国連合組織である愛国社の結成に指導的役割を果し,以後自由民権運動の盟主的存在となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りっし‐しゃ【立志社】

明治7年(1874)板垣退助らを中心に高知県で結成された政治結社。当初は士族救済を目的としたが、のち、民選議院設立運動など民権運動の中核的存在となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

立志社【りっししゃ】

自由民権運動の中心的政社。1874年板垣退助片岡健吉らが海南義社を吸収し高知で結成。初め士族救済の性格が強く,西南戦争では西郷軍に呼応しようとして社内は動揺したが,天賦人権を掲げ民権思想の普及に努力。
→関連項目大江卓政社竹内綱陸奥宗光

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りっししゃ【立志社】

自由民権運動推進の中心となった代表的政社。1874年4月,高知に帰郷した板垣退助が片岡健吉,林有造らと結成した。天賦人権を宣言して〈人民は国の本〉であると主張,〈人民の知識を開達し,気風を養成し,福祉を上進し,自由を進する〉ことを目的に掲げた。社長には片岡が就任し,立志学舎や法律研究所を設立して民権思想の普及をはかるとともに,士族救済のための殖産興業活動に着手。商社を経営し,官山の払下げを出願するなどした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りっししゃ【立志社】

自由民権運動の中心となった政治結社。1874年(明治7)板垣退助が片岡健吉らとともに高知で結成。愛国社・国会期成同盟・自由党の中核となった。80年、国会開設請願運動の中心的役割を果たした。83年、海南自由党と改称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立志社
りっししゃ

自由民権運動の指導的結社。1874年(明治7)4月16日に板垣退助(たいすけ)、片岡健吉、林有造(ゆうぞう)らが中心になって、自由民権運動を盛んにするために高知に結成し、83年海南自由党と改称した。このほか立志社を名のるものとしては、広島立志社、讃岐(さぬき)立志社、高松立志社、丸亀(まるがめ)立志社、阿波(あわ)立志社があるが、普通に立志社というときにはこの高知の立志社をさしている。立志社は、最初は士族救済を第一の目標にし、西南戦争に呼応するなどしたが、指導者がそのため逮捕されてからは、植木枝盛(えもり)、坂本南海男(なみお)が理論的指導者となって自由民権思想に徹し、77年の立志社建白で国会開設、地租軽減、条約改正という自由民権運動の三大綱領を初めて提起した。78年の愛国社再興、80年の国会開設請願運動、81年の自由党結党の中心的役割を担い、同年起草の「日本憲法見込案」では人民主権、一院制議会、抵抗権、革命権を主張した。しかし、84年、民権運動が激化するに及んで自由党の解党を主張するに至った。[後藤 靖]
『平尾道雄著『自由民権の系譜』(1970・高知新聞社) ▽後藤靖著『自由民権』(中公新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の立志社の言及

【愛国志林】より

…1880年3月創刊,同年8月《愛国新誌》と改題。資金,編集ともに高知の立志社が中心となり,大阪で発行。植木枝盛,永田一二らが編集,執筆にあたり,基本的人権や人民主権を主張。…

【地方結社】より

…結社の規模も町村単位,数ヵ町村単位,郡単位,数郡単位から府県単位にいたる多様な地域規模の結社が存在した。 士族結社として著名なものに,弘前の東奥義塾(1872年キリスト教主義による学校として出発,本多庸一らが著名),盛岡の求我舎(1873年創設,東北最初の民権政社,鈴木舎定ら),宮津の天橋義塾(1875年創設,小室信介・沢辺正修らが中心,社員約400),高知の立志社(1874年創設,自由民権運動の震源地,板垣退助・片岡健吉・植木枝盛ら),熊本の相愛社(1878年創設,池松豊記・有馬源内ら,社員580余)などがあるが,これらはおおむね旧藩時代の結合を土台とし,士族の新時代への適応のための相互扶助と学習活動を目的として,ときには旧藩主の支持と支援のもとに結成され,しだいに民権や国権の拡張を唱える政治結社の色彩を強めていった。士族結社は旧藩士としての情誼(じようぎ)的地縁的な紐帯(ちゆうたい)を背景としたから,その結合は固かったが,同時に他の階層を含みにくい閉鎖性を伴った。…

※「立志社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

立志社の関連キーワード自由民権運動自由民権論石陽社民権運動めさまし新聞高知市立自由民権記念館鈴木久弥武市安哉内藤魯一野手一郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

立志社の関連情報