コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水馬 スイバ

デジタル大辞泉の解説

すい‐ば【水馬】

馬に乗って水を渡る術。馬を水中に乗り入れ、馬の脚の立たなくなった所で鞍壺(くらつぼ)から離れて泳がせ、馬の脚の立つ所で再び鞍壺にまたがるもの。江戸幕府の年中行事の一つになり、将軍臨席のもと隅田川などで毎年6月に行われた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すいば【水馬】

馬術の一。乗馬のまま、あるいは馬の轡くつわを取って泳いで水を渡るもの。
「あめんぼ」「みずすまし」の漢名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水馬
すいば

馬術のうち、河川や海浜を渡河する際の乗御法で、武装水馬と裸馬水馬とがある。馬は生来遊泳の能力があるが、陸上生活が主体であるため、水中に乗り入れることを恐れ嫌うことが多く、そのために平素から水に馴致(じゅんち)させる訓練を必要とした。江戸時代の水馬の研究は幼稚で、騎手が水練の上手であることが、水馬の必須(ひっす)条件とされ、馬の脚が立たなくなる深みに入れば、騎手は馬の一側に降りて、ともに泳ぐべしと教え、また馬の浮力を増加させるために、馬に浮袋(うきぶくろ)・浮襷(うきたすき)・浮沓(うきくつ)などを着用することが考案された(小堀常春(こぼりつねはる)『水馬千金篇(せんきんへん)』など)。江戸幕府は水馬奨励のため、毎年夏6月、隅田川などで諸士の騎馬川渡(きばかわわた)しを催し、将軍の御覧に供したりした。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

水馬の関連キーワード日本の民家伊東 祐亨日本泳法小栗流小堀流筑摩川水繁縷馬術漢名

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水馬の関連情報