コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷人 ヒョウジン

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐じん【氷人】

《晋の令狐策(れいこさく)が、ある夜、氷の上に立って氷の下の人と話した夢を見た。これを占いの名人索紞(さくたん)が媒酌をする前兆だと夢解きし、実際にそのとおりになったという「晋書」索紞伝の故事から》媒酌人仲人月下氷人

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひょうじん【氷人】

〔晋書 索紞伝
男女の仲をとりもつ人。仲人。月下氷人。 〔晋の時代、狐策が占いの名人索紞さくたんに、氷の上に立って氷の下の人と話をしたという夢の判断を求めた。索紞が「氷の上は陽、下は陰。したがってこの夢は氷が解けた頃結婚の世話をする前兆である」と解いたところ、その占いどおり大守の息子の仲人を頼まれたという故事から〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

氷人の関連キーワードオフ・ブロードウェー媒酌人・媒妁人胡蝶園 若菜スペイシーキンテーロ月下老人オニール国松 登ロバーズ王 剛義月下翁赤縄子国松登

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

氷人の関連情報