永井 道雄(読み)ナガイ ミチオ

20世紀日本人名事典の解説

永井 道雄
ナガイ ミチオ

昭和・平成期の教育社会学者 国連大学協力会理事長;元・文相。



生年
大正12(1923)年3月4日

没年
平成12(2000)年3月17日

出生地
東京都新宿区

学歴〔年〕
京都帝国大学文学部哲学科〔昭和19年〕卒,オハイオ州立大学大学院〔昭和24年〕博士課程修了

学位〔年〕
Ph.D.(オハイオ州立大学)

主な受賞名〔年〕
毎日出版文化賞〔昭和40年〕「日本の大学」,吉野作造賞(第4回)〔昭和43年〕「大学の可能性」,NHK放送文化賞〔昭和58年〕,勲一等旭日大綬章〔平成5年〕

経歴
教育社会学者として京都大学教育学部助教授、東京工業大学教授を歴任したが、国民的基盤に立った大学改革を唱えて教壇を去り、昭和52年朝日新聞論説委員に。54年より国連大学特別顧問。この間、49年末から2年間、三木内閣の文相を務め、共通1次試験の導入などに取り組む。平成元年国際文化会館理事長、2年脳死臨調会長。情報通信学会会長、住友財団会長も務める。著書に「日本の大学」「大学の可能性」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

永井 道雄
ナガイ ミチオ*


専攻分野
教育社会学

肩書
元・文相,国連大学協力会理事長

生年月日
大正12年3月4日

出生地
東京都新宿区

学歴
京都帝国大学文学部哲学科〔昭和19年〕卒 オハイオ州立大学大学院〔昭和24年〕博士課程修了

学位
Ph.D.(オハイオ州立大学)

経歴
教育社会学者として京都大学教育学部助教授、東京工業大学教授を歴任したが、国民的基盤に立った大学改革を唱えて教壇を去り、昭和52年朝日新聞論説委員に。54年より国連大学特別顧問。この間、49年末から2年間、三木内閣の文相を務め、共通1次試験の導入などに取り組む。平成元年国際文化会館理事長、2年脳死臨調会長。情報通信学会会長、住友財団会長も務める。著書に「日本の大学」「大学の可能性」など。

受賞
毎日出版文化賞〔昭和40年〕「日本の大学」 吉野作造賞(第4回)〔昭和43年〕「大学の可能性」 NHK放送文化賞〔昭和58年〕 勲一等旭日大綬章〔平成5年〕

没年月日
平成12年3月17日

家族
父=永井 柳太郎(政治家)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

永井 道雄 (ながい みちお)

生年月日:1923年3月4日
昭和時代;平成時代の教育社会学者。国連大学協力会理事長;上智大学教授
2000年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android