コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井隆 ながいたかし

百科事典マイペディアの解説

永井隆【ながいたかし】

医学者。島根県生れ。長崎医大卒業,1940年同助教授となり,レントゲン科の責任者。1945年5月ころから放射線障害が現れ始め,8月9日原爆投下で夫人が死亡,自身も放射能による骨髄障害を受けた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

永井隆

1908年、松江市生まれ。助教授を務めていた長崎医科大(現・長崎大)で被爆。妻は爆死した。戦後原爆症病床に伏しながら、カトリック信仰をもとに「長崎の鐘」「この子を残して」など多くの著作で世界平和を訴えた。51年死去。

(2011-01-12 朝日新聞 朝刊 広島1 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井隆 ながい-たかし

1908-1951 昭和時代の医学者。
明治41年2月3日生まれ。母校長崎医大の物療科部長のとき放射線障害をおう。さらに昭和20年8月9日の原爆で被爆するが,負傷者を救護。21年教授。カトリック教徒として原爆廃止をいのり,病床で「長崎の鐘」「この子を残して」などを口述した。昭和26年5月1日死去。43歳。島根県出身。
【格言など】白ばらの花より香り立つごとくこの身をはなれ昇りゆくらん(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

永井隆の関連キーワードオスグッド‐シュラッテル病島根県雲南市三刀屋町三刀屋アナトリィ ツィーブ長崎県長崎市上野町フォルクマン拘縮カシン‐ベック病フェルティ症候群先天性股関節脱臼椎間板ヘルニア大腿骨頸部骨折キーンベック病脊椎カリエスあざらし肢症骨形成不全症変形性脊椎症秋月辰一郎関節固定術骨関節結核習慣性脱臼理学療法士

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永井隆の関連情報