コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江南スタイル かんなむすたいる Gangnam Style

1件 の用語解説(江南スタイルの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

江南スタイル

韓国の歌手・ラッパーであるPSY(サイ)が、2012年に発売した自身のアルバムタイトル曲。腰を前後に振ったりくねらせたりする軽妙なダンスを披露するプロモーションビデオがYouTube上で公開され、5カ月ほどで9億回以上という驚異的な再生回数を記録した。日本では大きな話題とならなかったが、米国ビルボード誌など欧米各国のチャートで上位を占め、多数の人々が集まって突然踊り出すフラッシュモブ行われるなど、各地で大きな注目を集め、著名歌手にダンスを伝授するなどして話題を呼んだ。
江南スタイル」の江南とは、韓国の首都ソウル中心部を流れる漢江(ハンガン)の南側に当たる地域のこと。朝鮮戦争以降に開発され、主に1970年代以降に急速に発展し、高層ビルが林立する新しい政治・経済・商業の中心となっている。居住する住民も、地方などから上京して企業幹部になったり政府高官に就いたりした、新興のエリートインテリの家庭が少なくない。「江南スタイル」に繰り返しでてくる「オッパン カンナムスタイル」の「オッパ」とは、年長の男性への敬愛を込めた呼び方だが、いうなれば、「江南の兄ちゃん」といった響きのフレーズである。ダンスは「馬ダンス」と称しており、馬の動作などに想を得たものだという。ただし、江南の子女が嗜(たしな)む乗馬の姿勢にも似ており、「昼は品格があるが夜は淫乱になる女」、「物静かに見えるが遊ぶときにはイッてしまう男」といった歌詞とともに、江南に住む子女の生活様式や処世の流儀を揶揄(やゆ)し、あるいは自嘲した楽曲とも言われている。
PSY自身、江南の出身でエリートとして経営学を学ぶため米国の大学に進んだ。しかし、留学中に音楽の道へと転身し、2010年サッカーワールドカップの応援や、ソウルオリンピックの応援歌などでも活躍する国民的人気歌手となった。ヒップホップをもとにした独特のスタイルや、ライブパフォーマンスなどが好評を博している。また、韓国の若者たちの米国などに対する心理的抵抗感などを歌詞とした曲もある。
日本では、日本音楽界を席巻した美男・美女のK-POPが欧米ではほとんど話題にならずに、バックダンサーに美女を従えているとはいえ、中年体型のPSYが人気となったことに対して、話題が集中した。音楽性やエンターテインメントについての嗜好(しこう)の様相というよりは、竹島問題など日韓を巡る政治的な問題や民族感情などを絡めた風評などもささやかれている。

(金谷俊秀  ライター / 2012年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江南スタイルの関連キーワードラッパースカッパーアッパーデッキフラッパーヘアあじわいブラックペッパーせんパラッパラッパーパラッパラッパー2ボディボーディング・フリッパータッパーウェアハニーディッパー

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

江南スタイルの関連情報