ヒップホップ(読み)ひっぷほっぷ(英語表記)hiphop

  • hip-hop

知恵蔵の解説

ファッション、グラフィティー(壁画)など、1970年代後半に米国の黒人たちが生み出したストリート文化全体を指す語だが、その中心はラップ音楽とダンスである。ヒップホップ・ダンスは、ラップ音楽などに合わせて踊られ、ブレイクダンスなどとも共通点が多い。

(鈴木晶 舞踊評論家 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

1970年代、米国の黒人(アフリカ系)やヒスパニック(ラテンアメリカ系)の若者たちから生まれたとされる音楽やダンスなどの文化を指す。音楽はラップともいい、リズミカルを踏んで歌う。下品な言葉遣いや反体制的な内容を含むこともある。

(2018-05-28 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

1970年代前半ごろから、ニューヨークの路上で始まった、音楽・ダンス・ファッションを中心とする黒人文化。建造物の壁や地下鉄の落書きグラフィティアート)、アクロバットのようなブレークダンス、音楽面ではラップスクラッチなど、貧しい若者たちがお金を使わずに楽しめる娯楽を生み出した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (hip hop) 一九八〇年代前半頃からニューヨークの路上に始まった、音楽・ダンスなどを中心とする黒人文化。建造物の壁や地下鉄への落書き(グラフィティ)やブレークダンス、音楽面ではラップやスクラッチなど、貧しい若者たちがお金を使わずに楽しめる娯楽を生み出した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒップホップの関連情報