コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸繁昌記 えどはんじょうき

6件 の用語解説(江戸繁昌記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸繁昌記
えどはんじょうき

江戸の地誌。6巻。江戸の儒者寺門 (てらかど) 静軒著。天保2 (1831) 年刊。爛熟期の江戸市中の繁盛の光景を相撲,吉原,両国花火など数十項に分けて俗体の漢文で記述。幕末に流行した繁昌記ものの元祖。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えどはんじょうき〔えどハンジヤウキ〕【江戸繁昌記】

江戸後期の地誌。5編5冊。寺門静軒著。天保3~7年(1832~36)刊。相撲・吉原など、江戸市中の繁栄を記したもの。作者の皮肉な目と批判精神により、天保改革では風俗を乱したとの理由で発禁。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

江戸繁昌記【えどはんじょうき】

江戸後期の狂体漢文による江戸風俗書。寺門(てらかど)静軒〔1796-1868〕著。5編5冊。1832年―1836年刊。著者は水戸藩士の子として江戸に生まれ,塾を開いて生計を立てつつ仕官をはかったが成功せず,みずから〈無用之人〉を称した。
→関連項目服部撫松

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えどはんじょうき【江戸繁昌記】

江戸末期の江戸市中の繁栄ぶりを狂体漢文で叙した風俗書。著者は寺門(てらかど)静軒(良)。1832‐36年(天保3‐7)刊。半紙本,5巻5冊。相撲,吉原,芝居,富籤(とみくじ),浅草寺,花火,女髪結,銭湯,魚市場,芝神明,寄席,裏店,茶店など,府内の名所や名物,遊興地などの風俗を軽妙に活写。爛熟期の江戸文化を描写したため,天保改革取締りに抵触し発禁処分をうけた。ほかに《繁昌後記》2冊,1878年刊がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えどはんじょうき【江戸繁昌記】

地誌。五編五冊。寺門静軒著。1832~36年刊。江戸市中の繁栄と泰平を記したもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸繁昌記
えどはんじょうき

江戸後期の漢文戯作(げさく)。寺門静軒(てらかどせいけん)著。5編5冊。1832~36年(天保3~7)刊。さらに第6編は『江戸繁昌後記青楼之巻(せいろうのまき)』として41年刊。また第5編を書き継いだ『江戸繁昌後記』は初編・2編が78年(明治11)に刊行。浪人儒者の生活の資とするために書き始められた本書は、相撲(すもう)、吉原、両国烟火(はなび)といったぐあいに江戸の世俗の繁華を漢文で戯(ざ)れ書きするという新しい試みに大当りをとるが、作者生まれつきの皮肉な目と批判精神により、江戸期には希有(けう)の現実風刺の文学ともなり、そのために初編・2編がまず1835年に発禁処分を受け、懲(こ)りずに3編以下を刊行したため、天保(てんぽう)の改革(1841~43)にあたって作者はついに武家奉公御構(おかま)いの処分を受け、現実風刺の徹底した『江戸繁昌後記』は明治の新政府の下でなければ刊行しえないこととなった。幕末・明治期には本書の評判に倣って、「繁昌記もの」とよばれる一分野ができたほどである。[中野三敏]
『朝倉治彦・安藤菊二校注『江戸繁昌記』全3巻(平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の江戸繁昌記の言及

【繁昌記】より

…幕末から明治初年にかけて流行した漢文戯作の一ジャンル。中国の遊里風俗を描いた《画舫録》《板橋(はんきよう)雑記》などの艶史類,および市河寛斎の《北里歌(ほくりか)》(1786)などの漢詩による風俗誌ともいうべき竹枝(ちくし)類の影響のもとに,都市のさまざまな局面をスケッチした漢文体の戯作で,ふつう,京都の名所案内記として歓迎された中島棕隠(そういん)の《鴨東(おうとう)四時雑詞》120首本(1826)が先駆的な作品と考えられているが,〈繁昌記物〉と呼ばれるジャンルを確立したのは,江戸の浪人儒者寺門静軒(てらかどせいけん)の《江戸繁昌記》(1832‐36)である。諧謔と風刺をぞんぶんに交えたスタイル,報告ふうな背景と逸話ふうな市井の人物描写を組み合わせるかたちで都市の多様な風景を切りとるパノラマ的な構成とを打ちだした《江戸繁昌記》は,その後にあらわれる〈繁昌記物〉の形式を決定した。…

※「江戸繁昌記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

江戸繁昌記の関連キーワード鈴木柳塘森本沙鴎江戸雀変体漢文勘六狂体巡邏富山県南砺市中ノ江岐阜県大垣市中ノ江兵庫県神戸市中央区江戸町

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone