コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸肥前掾 えど ひぜんのじょう

3件 の用語解説(江戸肥前掾の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江戸肥前掾 えど-ひぜんのじょう

?-? 江戸時代前期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
江戸浄瑠璃の開祖杉山丹後掾の子。寛文元年(1661)受領して江戸肥前掾藤原清政を名のり,操り座を経営。父の芸風をうけたやわらかい語りは肥前節と称された。弟子に半太夫節の初代江戸半太夫

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

江戸肥前掾

生年:生没年不詳
江戸前期の肥前節の太夫。寛文・延宝期(1661~81)にもてはやされた。杉山丹後掾の子。幼名は伊之助,のち七郎兵衛。寛文1年受領して肥前掾藤原清政。父の風を受けたやわらかい語り口で,人形の演出,特にからくりに優れていたらしい。しかしその劇場は天和2(1682)年,薩摩座に吸収される。語り物は弟子の初代江戸半太夫に伝承され,さらにその弟子江戸太夫河東(初代十寸見河東)の河東節に発展した。

(竹内道敬)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えどひぜんのじょう【江戸肥前掾】

江戸浄瑠璃の太夫。杉山丹後掾の子。幼名伊之助,のち七郎兵衛。1661年(寛文1)受領して江戸肥前掾藤原清政と名乗る。父の芸風をついだやわらかみのある語り口で肥前節として流行した。曲節の一部はのちの三味線音楽に〈肥前節〉として取り入れられている。門弟に江戸半太夫があり,その弟子の十寸見(ますみ)河東への系統で,肥前節は河東節に発展したと考えられる。【竹内 道敬】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

江戸肥前掾の関連キーワード江戸浄瑠璃杉山丹後掾半太夫節肥前節上方浄瑠璃語斎節太夫棚難波浄瑠璃小薩摩脇太夫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone