コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肥前節 ひぜんぶし

4件 の用語解説(肥前節の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肥前節
ひぜんぶし

江戸時代の浄瑠璃太夫江戸肥前掾が語った曲風。寛文~延宝 (1661~81) 頃に江戸で流行した硬派の語り物 (金平節など) に対し,父杉山丹後掾から受継いだ柔らかみの多い,情味あふれる語り物を流行させたと考えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひぜん‐ぶし【肥前節】

古浄瑠璃の一。杉山丹後掾(たんごのじょう)の子の杉山肥前掾が江戸で語ったもので、寛文(1661~1673)ごろに流行。
歌舞伎下座音楽の一。1を模倣した合方(あいかた)大鼓・小鼓を伴い、時代物で武将の物語などの伴奏として用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひぜんぶし【肥前節】

江戸浄瑠璃の一。寛文(1661~1673)頃、杉山肥前掾の語り始めた曲節。
歌舞伎の下座音楽の一。時代狂言で、武将の物語の間などに奏されるの手法を転用した大鼓・小鼓を加えた三味線曲。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肥前節
ひぜんぶし

杉山肥前掾(すぎやまひぜんのじょう)が創始した浄瑠璃(じょうるり)の一派。江戸の浄瑠璃開祖といわれる杉山丹後掾(たんごのじょう)に、伊之助と名のる男子がいた。父の後を継いで堺(さかい)町で人形芝居を興行し、天下一江戸肥前掾藤原清政と称した。1660~70年代(寛文(かんぶん)、延宝(えんぽう)年間)その曲風が「肥前節」としてもてはやされたというが、どのような曲節か明らかではない。子の半之丞(はんのじょう)が2世肥前となり、また門弟から江戸半太夫(はんだゆう)が出て「半太夫節」をおこした。[倉田喜弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の肥前節の言及

【江戸肥前掾】より

…1661年(寛文1)受領して江戸肥前掾藤原清政と名乗る。父の芸風をついだやわらかみのある語り口で肥前節として流行した。曲節の一部はのちの三味線音楽に〈肥前節〉として取り入れられている。…

【浄瑠璃】より

…この門人には虎屋喜元,虎屋寿徳などがあったが,寿徳は歌舞伎に出演した。丹後掾の長男の江戸肥前掾(肥前節)の弟子江戸半太夫(半太夫節),初世半太夫の弟子十寸見(ますみ)河東(河東節)などの浄瑠璃は劇場音楽からむしろ江戸通人の粋なお座敷音楽化した。肥前節,半太夫節,河東節を江戸節と総称する。…

※「肥前節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

肥前節の関連キーワードあいびき/江戸の女たち侍よさらば/江戸・明治元年桜江〈町〉江川町江木町江島町江洲江西町江里町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone