コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沃懸地 いかけじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沃懸地
いかけじ

蒔絵地蒔き技法の名称。器物の表面に漆を塗り,金,銀の鑢粉 (やすりふん) を全体あるいは一部分に蒔き詰めた地をいう。平安時代に始り,鎌倉時代に盛んになって,室町時代には浴掛 (懸) 地とも書いた。近世になると粉が細かくなり,金地,金溜 (きんだみ) ,粉溜 (ふんだみ) などと称した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いかけ‐じ〔‐ヂ〕【沃懸地】

蒔絵(まきえ)の地蒔きの一。金または銀の粉を密に蒔いた上から漆をかけ、研ぎ出したもの。金粉を用いたものは金地・金溜地(きんだみじ)ともよばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いかけじ【沃懸地】

蒔絵まきえ技法の一。金銀粉を一面に蒔き、漆をかけて研ぎ出し、金地または銀地に仕立て上げたもの。金地。金溜地きんだみじ。 「 -の鞍置きて/義経記 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沃懸地
いかけじ

蒔絵(まきえ)加飾法の地蒔(じまき)の一種。金粉や銀粉を沃(そそ)ぎかけた地という意で、濃く蒔き詰めているので、近世では金(銀)地、金溜地(ためじ)ともいう。また1390年(明徳1)の『熊野新宮神宝目録』には浴掛地(いかけじ)と記載してある。平安時代におこったことは、『類聚雑要抄(るいじゅうぞうようしょう)』に、1029年(長元2)関白左大臣頼通(よりみち)が白河院の調度品に沃懸地を施したとあり、また公家(くげ)の儀仗太刀(ぎじょうたち)や武器に施工したのがあることからも証明される。鎌倉時代に盛んに行われ、鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)の籬菊螺鈿蒔絵硯箱(まがきにきくらでんまきえすずりばこ)や松平不昧(ふまい)公旧蔵(現東京国立博物館蔵)の片輪車螺鈿手箱(かたわぐるまらでんてばこ)、三嶋大社の梅蒔絵手箱など代表的遺例が数多く伝世している。[郷家忠臣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の沃懸地の言及

【漆工芸】より

…それぞれ,時代や地域によって多くの種類が生み出された。蒔絵には平蒔絵,研出(とぎだし)蒔絵,高蒔絵,消蒔絵,梨地,沃懸地(いかけじ)などの技法がある。沈金は漆面を線刻し金箔を埋めたものである。…

【蒔絵】より

…研ぎ出すと銀地に墨絵が浮き上がる。(2)地蒔 沃懸(いかけ)地,金地,平目地,平塵(ひらちり)地,梨地,塵地,石目(いしめ)地などがある。これらは塵地を除いて研出蒔絵に併用されるか,単独で研ぎ出される。…

※「沃懸地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

沃懸地の関連キーワード兵庫県洲本市五色町鳥飼中和歌山県紀の川市高台寺蒔絵銀彩地金彩地沃懸け義経記鞍置太刀粉河鞆淵沃懸蛮絵

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沃懸地の関連情報