コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沙汀 さていSha-ting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沙汀
さてい
Sha-ting

[生]光緒30(1904).12.19. 四川,安
[没]1992.12.14. 四川,成都
中国の小説家。本名は楊朝煕。魯迅の左翼作家連盟で指導を受け,地方色豊かな作品集『土餅』 (1936) を出し,抗日戦争中に四川の農村を題材とした代表作『淘金記』 (1943) を発表。戦後も『困獣記』 (1945) ,『還郷記』 (1948) などで農村を描き続けた。文化大革命のとき周揚の手下として批判されたが,四人組失脚以後復活。『人民文学』などに散文などを発表した。ほかにルポルタージュ『従軍散記』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

沙汀【さてい】

中国の作家四川省生れ。1930年代に艾蕪(がいぶ)とともに上海文壇に登場,地方色の濃い作風で注目された。短編《航線》や長編《淘金記》《困獣記》《還郷記》等,おもに四川を舞台とした作品を書いている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沙汀
さてい / シャーティン
(1904―1992)

中国の小説家。本名は楊朝煕(ヤンチャオシー)、四川(しせん/スーチョワン)省安昌鎮(アンチャンチェン)の人。1926年四川省立第一師範卒業。29年上海(シャンハイ)へ出て艾蕪(がいぶ/アイウー)とともに創作を開始、32年中国左翼作家連盟に加入、短編集『航線』(1932)、『土餅(どべい)』(1936)、『苦難』(1937)など農民の苦難や土地革命を描いた作品で知られる。抗戦期は成都(せいと/チョントゥー)で協進中学の教師をしながら救亡工作に従事、のち何其芳(かきほう/ホーチーファン)らと延安(えんあん/イエンアン)に行き、魯迅(ろじん)芸術学院で教え、『随軍散記(ずいぐんさんき)』(1940)を書く。40年重慶(じゅうけい/チョンチン)で文芸工作に従事、散文集『敵後瑣記』を発表。皖南(かんなん)事件(1941)後、故郷に避難して創作に専心し、長編『淘金記(とうきんき)』(1943)、『困獣記(こんじゅうき)』(1945)、『還郷記(かんきょうき)』(1948)のほか多くの中短編を書く。解放後も短編集『医師』(1951)、『辺疆(へんきょう)戦士』(1953)、『過渡』(1959)、『沙汀選集』(1959)、『祖父の物語』(1963)などがある。社会科学院文学研究所所長を務めた。[伊藤敬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

沙汀 (さてい)

生年月日:1904年12月19日
中国の小説家
1992年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

沙汀の関連キーワードシャーティン生年月日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android