コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

さ【沙】[漢字項目]

常用漢字] [音](漢) シャ(呉) [訓]すな いさご
〈サ〉
すな。「沙漠
水で洗って適否をより分ける。「沙汰(さた)
〈シャ〉
すな。「恒河沙(ごうがしゃ)
梵語の音訳字。「沙弥(しゃみ)沙門
[名のり]いさ・す
[難読]沙蚕(ごかい)沙魚(はぜ)

しゃ【沙】

数の単位。1の1億分の1。→位(くらい)[表]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さ【沙】

しゃ【沙】

数の単位。繊の10分の1。すなわち1の1億分の1。 〔塵劫記〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

沙の関連キーワード滋賀県近江八幡市安土町常楽寺トンシャーチュンタオシーシャーチュンタオパラセル[群島]撒爾沙・撒児沙パラセル諸島いとしもなしチャンシャーシャーティン大毘婆沙論沙羯羅竜王肌身を汚す西沙諸島沙弥喝食沙基事件沙苑文化なびやか沙井遺跡万恒河沙新民学会

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沙の関連情報