コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河内屋可正 かわちや かしょう

2件 の用語解説(河内屋可正の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河内屋可正 かわちや-かしょう

1636-1713 江戸時代前期-中期の商人。
寛永13年生まれ。河内(かわち)(大阪府)石川郡大ケ塚(だいがつか)村の人。酒造業をいとなみ,俳諧(はいかい)や能をたしなんだ。自身の体験,見聞や処世訓をつづった「河内屋可正旧記」は,当時の生活,文化を知る貴重な資料である。正徳(しょうとく)3年5月28日死去。78歳。姓は壺井。通称は五兵衛。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河内屋可正
かわちやかしょう
(1636―1713)

江戸前期から中期にかけての地主、豪商。河内国石川郡大ヶ塚(だいがつか)村(大阪府南河内郡河南町)の人。酒造業を営み、田畑も多く所持して小作料(米、麦、木綿、大豆)を販売して利をあげた。父祖以来の財力のもとで早くから儒仏の学を修め、和歌俳諧(はいかい)を好みまた能楽もよくした。大ヶ塚村庄屋(しょうや)筋の家柄として、村のなかで栄えていた家々が急速に没落していく例を多くみて、家の没落を防ぐにはどうすべきかに関心を寄せ、廃悪修善、修身斉家のための処世訓を中心とした『大ヶ塚来由記』(河内屋可正旧記)を書き残した。その精神は石門(せきもん)心学などにも通ずる商人道徳となっている。[奈倉哲三]
『野村豊・由井喜太郎編『河内屋可正旧記』(1955・清文堂出版) ▽安丸良夫著『日本の近代化と民衆思想』(1974・青木書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河内屋可正の関連キーワード山本養仙実聞常行荒川養鉄大橋宗桂(3)木村養元小出英利多湖岐陽早田宗家吉田林庵

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

河内屋可正の関連情報