コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河北倫明 かわきた みちあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河北倫明 かわきた-みちあき

1914-1995 昭和-平成時代の美術評論家。
大正3年12月14日生まれ。文部省美術研究所(現東京国立文化財研究所),国立近代美術館をへて,昭和44年京都国立近代美術館長,平成元年横浜美術館長,3年京都造形芸大学長。同年文化功労者。近現代の日本絵画の研究で知られ,美術行政面でも活躍した。平成7年10月30日死去。80歳。福岡県出身。京都帝大卒。著作に「青木繁・生涯と芸術」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

河北倫明【かわきたみちあき】

美術評論家。福岡県出身。京都帝国大学(現,京都大学)文学部哲学科卒業。1943年に帝国美術院附属美術研究所(現,東京文化財研究所)の助手となる。以後,京都国立近代美術館横浜美術館の各館長,美術館連絡協議会理事長,京都造形芸術大学学長などを務めた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

河北倫明の関連キーワード東京国立近代美術館河北 倫明今泉 篤男須田国太郎坂本繁二郎藤島武二東山魁夷安田靫彦竹久夢二琉球美術川合玉堂菱田春草村上華岳橋本明治吉川霊華岩橋英遠前田青邨吉岡堅二山本丘人川端龍子