河北倫明(読み)かわきた みちあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河北倫明 かわきた-みちあき

1914-1995 昭和-平成時代の美術評論家。
大正3年12月14日生まれ。文部省美術研究所(現東京国立文化財研究所),国立近代美術館をへて,昭和44年京都国立近代美術館長,平成元年横浜美術館長,3年京都造形芸大学長。同年文化功労者。近現代の日本絵画の研究で知られ,美術行政面でも活躍した。平成7年10月30日死去。80歳。福岡県出身。京都帝大卒。著作に「青木繁・生涯と芸術」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

河北倫明【かわきたみちあき】

美術評論家。福岡県出身。京都帝国大学(現,京都大学)文学部哲学科卒業。1943年に帝国美術院附属美術研究所(現,東京文化財研究所)の助手となる。以後,京都国立近代美術館横浜美術館の各館長,美術館連絡協議会理事長,京都造形芸術大学学長などを務めた。美術館活動の基礎を築き,近代美術史学の確立に寄与したことから,1991年に文化功労者となる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android