コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京文化財研究所 とうきょうぶんかざいけんきゅうじょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京文化財研究所
とうきょうぶんかざいけんきゅうじょ

独立行政法人文化財研究所を構成する文化財の調査・研究機関。所在地は東京都台東区上野公園。 1930年帝国美術院 (→日本芸術院 ) の付属美術研究所として設立。 1947年国立博物館 (→東京国立博物館 ) 付属美術研究所に,1950年文化財保護委員会 (→文化庁 ) の付属機関となり,1952年東京文化財研究所,1954年東京国立文化財研究所名称変更。 1968年文化庁が発足しその付属機関となった。 2001年4月中央省庁改編に伴い文化庁所管の独立行政法人に移行,名称を東京文化財研究所と改める。日本・東洋美術の研究を行なう美術部,無形文化財としての伝統芸能,民俗芸能の継承,資料収集にあたる芸能部,科学的なアプローチから文化財の保存法を探る保存科学部,修復技術部,および国際文化財保存修復協力センターなどで組織される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京文化財研究所
とうきょうぶんかざいけんきゅうじょ

独立行政法人国立文化財機構の文化財保護に関する総合的な調査研究の拠点施設。略して東文研とよばれる。所在地は東京都台東(たいとう)区上野公園。1930年(昭和5)、上野公園内の黒田記念館内に設立された帝国美術院付属美術研究所が前身で、1947年(昭和22)に国立博物館付属美術研究所となり、1954年東京国立文化財研究所と改称した。2014年(平成26)4月時点の職員数は40名。
 企画情報部、無形文化遺産部、保存修復科学センター、文化遺産国際協力センターの4部門をもつ。企画情報部は、文化財に関するさまざまな基礎的調査・研究を行い、その成果を出版物の刊行やオープンレクチャー、黒田記念館での展示などで発表するほか、収集、蓄積された資料により形成された文化財アーカイブを資料閲覧室やウェブ上で公開する。無形文化遺産部は、無形文化財や民俗芸能、風俗・慣習などの無形民俗文化財の調査研究を行う。保存修復科学センターは、文化財の保存科学・修復技術のナショナルセンターとして調査・研究を行う。文化遺産国際協力センターは、文化財保護に関する国際的な情報収集と発信、保存修復に関する研究交流、文化財保護分野の人材育成のほか、海外での遺跡保存修復事業への協力や災害時の文化財救済支援などを行う。[佐滝剛弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

東京文化財研究所の関連キーワード高精細デジタル撮影蛍光X線分析黒田記念館横道萬里雄横道万里雄川村清雄河北倫明黒田清輝柳沢 孝

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東京文化財研究所の関連情報