コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京文化財研究所 とうきょうぶんかざいけんきゅうじょ

3件 の用語解説(東京文化財研究所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京文化財研究所
とうきょうぶんかざいけんきゅうじょ

独立行政法人文化財研究所を構成する文化財の調査・研究機関。所在地東京都台東区上野公園。 1930年帝国美術院 (→日本芸術院 ) の付属美術研究所として設立。 1947年国立博物館 (→東京国立博物館 ) 付属美術研究所に,1950年文化財保護委員会 (→文化庁 ) の付属機関となり,1952年東京文化財研究所,1954年東京国立文化財研究所と名称変更。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とうきょう‐ぶんかざいけんきゅうじょ〔トウキヤウブンクワザイケンキウジヨ〕【東京文化財研究所】

東京都台東区上野公園にある調査研究機関。国立文化財機構に属する。日本の有形文化財無形文化財と、それらの保存修復技術についての研究を行う。前身は東京国立文化財研究所

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京文化財研究所
とうきょうぶんかざいけんきゅうじょ

独立行政法人国立文化財機構文化財保護に関する総合的な調査研究の拠点施設。略して東文研とよばれる。所在地は東京都台東(たいとう)区上野公園。1930年(昭和5)、上野公園内の黒田記念館内に設立された帝国美術院付属美術研究所が前身で、1947年(昭和22)に国立博物館付属美術研究所となり、1954年東京国立文化財研究所と改称した。2014年(平成26)4月時点の職員数は40名。
 企画情報部、無形文化遺産部、保存修復科学センター、文化遺産国際協力センターの4部門をもつ。企画情報部は、文化財に関するさまざまな基礎的調査・研究を行い、その成果を出版物の刊行やオープンレクチャー、黒田記念館での展示などで発表するほか、収集、蓄積された資料により形成された文化財アーカイブを資料閲覧室やウェブ上で公開する。無形文化遺産部は、無形文化財や民俗芸能、風俗・慣習などの無形民俗文化財の調査研究を行う。保存修復科学センターは、文化財の保存科学・修復技術のナショナルセンターとして調査・研究を行う。文化遺産国際協力センターは、文化財保護に関する国際的な情報収集と発信、保存修復に関する研究交流、文化財保護分野の人材育成のほか、海外での遺跡保存修復事業への協力や災害時の文化財救済支援などを行う。[佐滝剛弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東京文化財研究所の関連情報