コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沼鉄鉱 ショウテッコウ

5件 の用語解説(沼鉄鉱の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょう‐てっこう〔セウテツクワウ〕【沼鉄鉱】

沼地・冷泉などに堆積(たいせき)した多孔質褐鉄鉱。化学的な沈殿や、細菌の作用で生じる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

沼鉄鉱【しょうてっこう】

含鉄鉱物の風化によって溶解した鉄が,沼沢地に沈殿して生成した褐鉄鉱

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

岩石学辞典の解説

沼鉄鉱

柔らかくスポンジ状の多孔質の酸化鉄および水酸化鉄生化学的に沈澱してできた堆積物で,浅い湖,湿地,沼地などに形成され,藻類やバクテリアの活動によって酸化される.褐鉄鉱(limonite)がこのような条件下で最も普通に形成される酸化物であるが,植物の分解作用があると菱鉄鉱(siderite)が沈澱する.経済性は小さく,北方の氷河湖には普通に形成される[Park & MacDiarmid : 1964, Hatch, et al. : 1971].リムナイト(limnite), 沼沢地鉱床marsh ore), 低温地帯(morass), 湿草地鉱床meadow ore), 湖沼鉱床(lake ore), 沼沢鉱床swamp ore)などはみな同義.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうてっこう【沼鉄鉱】

沼沢地や湖沼底などに沈殿・堆積した鉄鉱物の集合体。多孔質で褐色、土状。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沼鉄鉱
しょうてっこう

結核状に生成された、いわゆる褐鉄鉱の総称。鉱物学的には低結晶度の針鉄鉱、菱(りょう)鉄鉱、ときにカコクセン石cacoxenite(Fe3+24Al[(OH)12|O6|(PO4)1775H2O)のような含水燐(りん)酸鉄の鉱物からなる。日本においては高師小僧(たかしこぞう)と俗称される。これは木の根(生命力を多少とも失ったもの)を中心にしてその周りに沈殿した管状の鉄化合物で、層状・塊状のもの、不定形集合をなすものもある。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沼鉄鉱の関連キーワード水酸化鉄スポンジゴム多孔質クリニカスポンジフロススポンジミートアルモライトドロカスティック・チャートオポカリムノコーツァイト岩滓質

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone