法体の滝(読み)ホッタイノタキ

デジタル大辞泉の解説

ほったい‐の‐たき【法体の滝】

秋田県南西部、山形県境近くにある鳥海山東麓を流れる子吉川の上流にある。落差57.4メートル、長さ100メートル。県の名勝天然記念物に指定されている。鳥海国定公園に属し、夏はキャンプ地としてにぎわう。名称は、この地を訪れた空海が滝のすばらしさに見入っていたところ不動明王が現れ、滝の名を「法体」と伝えたという伝説による。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

法体(ほったい)の滝

秋田県由利本荘市にある滝。子吉川の源流部に位置する。落差約57メートル。1960年、県の名勝かつ天然記念物に指定。1990年、日本の滝100選に選定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android