コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子吉川 こよしがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子吉川
こよしがわ

秋田県南西部,鳥海山東麓に発し,由利本荘市を貫流して日本海に注ぐ川。全長 61km。上流鳥海川と呼び,途中笹子川を合わせて北西流。下流本荘平野を形成。かつては現在の市街地石脇港古雪港の2河港が相対していたが,のちに河口本荘港を残すのみとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

子吉川【こよしがわ】

秋田県南部の川。長さ61km,流域面積1190km2山形県にまたがる丁岳(ひのとだけ)山地の北側に発し,鳥海山北麓を蛇行(だこう)しながら北流,日本海に注ぐ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こよしがわ【子吉川】

秋田県南西部,おもに由利郡と本荘市を流れ,日本海に注ぐ川。幹川流路延長61km,流域面積1190km2。上流は笹子(じねご)川といい,秋田・山形県境の丁(ひのと)岳山地に源を発し,矢島町で鳥海川を合わせ,下流の本荘平野で石沢川,芋川を合流する。中流には低位河岸段丘が発達する。近世は本荘・亀田・矢島各藩の支配地域で,河口南岸の本荘藩古雪(ふるゆき)港,北岸の亀田藩石脇港が栄え,内陸部の米の川下げ,塩,魚,日用品の川上げに利用された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕子吉川(こよしがわ)


秋田県南西部を流れる川。鳥海(ちょうかい)山東方の丁岳(ひのとだけ)山地の渓流を集め、北西流して本荘(ほんじょう)平野から日本海に注ぐ。1級河川(子吉川水系)。延長60.8km。流域面積1190km2。源流部は鳥海国定公園に属し、玉田(たまだ)渓谷などの景勝がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

子吉川の関連キーワード秋田県由利本荘市由利本荘[市]由利本荘(市)鳥海国定公園石川善兵衛鳥海[町]本荘[市]大内[町]秋田(県)由利[町]矢島〈町〉羽後[町]本荘〈市〉由利〈町〉矢島[町]丁岳山地笹森丘陵出羽山地法体の滝孫夜叉

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

子吉川の関連情報