法現象学(読み)ほうげんしょうがく(英語表記)Phänomenologie des Rechts

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法現象学
ほうげんしょうがく
Phänomenologie des Rechts

ドイツの哲学者 E.フッサール現象学の手法を法哲学の領域に導入し,法の本質現象を解明,さらに現象学によって判決を基礎づけようとする立場と方法をいう。現象学的法学ともいう。 A.ライナハ,H.イザイらによって唱道されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうげんしょうがく【法現象学】

E.フッサールの現象学の方法に依拠して法を解明しようとする法哲学・法学。フッサール現象学じたいの発展のどの段階に拠るかで異なるが,初期現象学の〈本質直観〉の方法に拠るものとしてライナハA.Reinach,シュライアーF.Schreier,カウフマンF.Kaufmann,フッサールG.Husserlの諸著がある。ライナハは《民法の先験的基礎》(1913)で所有や契約の本質を論じた。シュライアーとカウフマンはケルゼンの純粋法学との接合を試みた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android