コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法興王 ほうこうおうPǒphǔng-wang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法興王
ほうこうおう
Pǒphǔng-wang

[生]?
[没]法興王27(540)
朝鮮,新羅の第 23代の王 (在位 514~540) 。前代の智証王の子。法興王7 (520) 年律令を公布し,百官の公服を制定,同 14年には仏教を公認した。同 19年には伽 倻の中心である金官国を併合して国勢を拡大し,洛東江流域進出の足掛りをつくった。同 23年新羅独自の年号「建元」を制定し,対内外的に国家的自覚を高めた。中国 (梁) とは,同8年に国交を開いた。また王の時代から王名の古称麻立干 (まりかん) 」に代って中国式の王号を採用した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうこうおう【法興王 Pŏphǔng‐wang】

?‐540
朝鮮,新羅の王。在位514‐540年。諱(いみな)は原宗。〈法興太王〉と称して,新官制を創置し,独自の年号をたてるなど,国家としての体制をととのえた。とくに十七等官位(京位)の形成や衣冠制の制定は〈律令〉の頒示(520)として後代に記憶されることになる。521年中国南朝の梁に百済使に従って遣使し,532年には将軍異斯夫(いしふ)を派遣して金海加羅を併合した。このころ仏教を公認して興輪寺を創建したが,仏法に反対する貴族らとの抗争は異次頓の殉教説話となって伝わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の法興王の言及

【川前里書石】より

…同地は慶州から東海岸の蔚山(うるさん)地方へ出る交通の要衝にあたるが,この巨石は高さ3m,幅10m余の垂直な平面をもち,1970年,その平面に絵画彫刻と人名を主とした約300字の銘文があることが知られた。銘文は何度も追記されており,年代決定の基点は〈己未年〉と〈興王〉の文字で,これは新羅の法興王26年(539)と考えられている。より古い銘文は〈乙巳〉の干支をもつ部分で,法興王12年(525)にあたる。…

※「法興王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

法興王の関連キーワード近江毛野(おうみのけぬ)食邑[朝鮮]川前里書石飛鳥時代仏教建築新羅文化武烈王真興王仏国寺加羅

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android