波状雲(読み)はじょううん

日本大百科全書(ニッポニカ)「波状雲」の解説

波状雲
はじょううん

の国際分類表のなかの変種の一つ。雲の帯が一定の間隔で並ぶもので、帯と帯の間が雲で埋まっている場合とそうでない場合とがある。巻積雲(けんせきうん)、巻層雲、高積雲、高層雲、層積雲、層雲など、層状に広がる雲にみられる。それは、層状の雲が安定層に沿って発生するからである。大気の安定層は水面と同じように波がたちやすく、うねりのような列状の波がたつと、その峰の部分に波状雲が発生する。波状の層積雲は「うね雲」という。

[木村龍治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「波状雲」の解説

波状雲
はじょううん
undulatus

雲の変種の名前で,海の波のように長く伸びた平行総称巻積雲高積雲層積雲などに共通して現れる。風の強い日には,レンズ雲の一部が波状雲になることもある。気象衛星画像に写る波状雲は,脊梁山脈風下に見えることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「波状雲」の解説

波状雲【はじょううん】

畝(うね)雲とも。海の波のように幾列にも並んで広がっている雲。巻積雲,高積雲,層積雲などの変種。雲形は一定しない。波形が2方向に形成されることもある。
→関連項目ヘルムホルツ波

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「波状雲」の解説

はじょう‐うん ハジャウ‥【波状雲】

〘名〙 波のような形をした雲。高積雲・巻積雲などに現われる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の波状雲の言及

【雲】より

…一般に天気が急変するときに起こる。 波状雲絹積雲,絹層雲,高積雲,高層雲,層積雲,層雲に共通して現れる変種で,波状の構造を示している雲。大気の成層状態によって波状構造が起こる。…

※「波状雲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android