コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞爺[村] とうや

世界大百科事典 第2版の解説

とうや【洞爺[村]】

北海道南西部,胆振(いぶり)支庁虻田(あぶた)郡の村。人口2269(1995)。洞爺湖の北岸に位置し,洞爺湖カルデラ壁と羊蹄(ようてい)山麓に連なる台地からなり,北縁を貫気別(ぬつきべつ)川が西流する。地名は湖に面する肥沃な丘という意味のアイヌ語〈トヤ〉に由来する。1887年香川県から22戸が団体入植したのに始まる。耕地の大半は畑地で,テンサイ,豆類,ジャガイモのほか,アスパラガスなどを産する。観湖台,大観望からの洞爺湖の眺めがよい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android