コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津和地島 つわじしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津和地島
つわじしま

愛媛県北西部,忽那諸島西端の島で,松山市に属する。大部分黒雲母花崗岩からなる。広島湾伊予灘を結ぶ海上交通要地で,江戸時代には寄港地としてにぎわった。瀬戸内海国立公園に属する。面積 2.86km2。人口 547 (2000) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の津和地島の言及

【忽那諸島】より

…ほとんどの島が愛媛県温泉郡中島町を形成する。このうち中島,睦月島,野忽那島,怒和(ぬわ)島,津和地島,二神島と柱島(山口県)はかつて忽那七島と呼ばれ,南朝方についた忽那氏の勢力範囲であったが,現在は柱島にかえて興居(ごご)島(松山市)を加え,忽那七島とする。七島のほか釣(つる)島(松山市),由利島,大館場(おおたちば)島,クダコ島など20余の島が含まれ,興居島を除いて離島振興法指定地域である。…

※「津和地島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

津和地島の関連キーワード中島(愛媛県温泉郡)防予諸島中島

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android