津津浦浦(読み)ツツウラウラ

デジタル大辞泉の解説

つつ‐うらうら【津津浦浦】

《「つづうらうら」とも》全国いたるところの港や海岸。また、全国いたるところ。国じゅう。「津津浦浦に行きわたる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つつうらうら【津津浦浦】

〔「つづうらうら」とも〕
いたるところの津や浦。全国いたるところ。 「全国-から集まった選手たち」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つづ‐うらうら【津津浦浦】

〘名〙 (「つつうらうら」とも) いたるところの港や海岸。また、国中、全国いたるところ。
※太平記(14C後)七「国人いつしか心替して、々を堅めふせぎける間」
※日の出(1903)〈国木田独歩〉「日本全国津々浦々(ツツウラウラ)までも行わたって居る筈の文明の恩沢も」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android