津津浦浦(読み)ツツウラウラ

  • つづうらうら

デジタル大辞泉の解説

《「つづうらうら」とも》全国いたるところの海岸。また、全国いたるところ。国じゅう。「津津浦浦に行きわたる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「つつうらうら」とも) いたるところの港や海岸。また、国中、全国いたるところ。
※太平記(14C後)七「国人いつしか心替して、津々浦々を堅めふせぎける間」
※日の出(1903)〈国木田独歩〉「日本全国津々浦々(ツツウラウラ)までも行わたって居る筈の文明の恩沢も」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

いたるところの港や海岸。また、国中、全国いたるところ。

[使用例] 日本全国々までも行きわたって居るはずの文明恩沢も[国木田独歩日の出|1903]

[使用例] 宮崎は越中能登越前若狭の津々浦々を売り歩いたのである[森鷗外山椒大夫|1915]

[解説] 「つづうらうら」ともいいます。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津津浦浦の関連情報